埼玉県「トトロの森」私有地再整備し地域住民の癒やしスポットに君臨

埼玉県所沢市に「トトロの森」があるという事で、実際に行ってみた。私有地の森を団体が買い取り、不特定多数の人が自由に出入りできるように歩道等を整備しつつ、自然環境保護活動を展開しているようだ。トトロと名前が付いているが「となりのトトロ」のモデルになった狭山丘陵が由来であり、実際にトトロが出てくる訳ではない。名称使用については正式に許可を取っているようだ。

トトロの森1号地・3号地に向かってみた。

こちらがトトロの森3号地である。簡単な経緯が示されており、後ろには木々が生い茂っている。所々にベンチやテーブル等もあるので休む事も可能。「撮って良いのは写真だけ」をモットーにしており、生物の採取・草木等の伐採等は禁止されている。

3号地から1号地に向かうまでがなかなか距離があるが、山に慣れていない人だとなかなか大変だろう。それでも森の中にしては自然環境と調和しながら綺麗に整備されていると感じた。

こちらがトトロの森1号地である。階段を上ればさらに先もあるが、散歩がてら良い運動になったのでこの辺で引き返す事にした。

このような大きな休憩所もあるが自販機等はないので本当に椅子やテーブルが設置されているだけである。所沢市・東京都だけでトトロの森が59箇所近くあるらしく、今後も買い取りが進めばどんどん増えていくのだろう。この団体が森を取得する事で変な団体にソーラーパネル設置等の強引な開発をされる事を阻止し小学生等の自然学習の学びの場を守るという大きなメリットがある事で多くの人が共感しているのだろう。興味のある人はぜひ行ってみてもらいたい。