外環三郷西料金所「ダブル終了」ってどういう意味?ネクスコに聞いてみた

常磐道あるいは下道から外環三郷西ICに入ると料金所内に「ダブル終了」の看板が出てきますが、全国的にも類を見ない看板で背景も赤くて不気味であり何が終了するのかネクスコに聞いてみました。

これは、当該料金所の一部レーンでは、以前に料金所ブースを進行方向に縦に2棟を設置・稼働させて料金収受をしていた経緯がありますが、現在は当該運用は実施しておらず、このことをご利用されるお客さまにお知らせする目的で設置しております。
という事でした。おそらくETC導入以前はこの場所の交通量が半端無く特に朝ラッシュ等は捌ききれないので前後の料金所を使って並行徴収する「ダブル運用」を行っていたが、現在は行っていないのでその運用が終了した旨の看板を設置しているという意味ですね。この料金所の設置が1992年、ETC一般利用開始が2001年なのでおそらく10年近くはダブル運用をしていたのではないかと推測されます。ここを通る人は一般レーンあたりを眺めてみるとダブル終了の看板を見つけられるかもしれません。