「岩下の新生姜」定価5倍転売で社長激怒、アマゾンに公式店舗出店で再発防止

全国的にも有名な「岩下の新生姜」の社長が、品切れや品薄でもないのにアマゾンで第三者によって5倍の価格で転売されているとして激怒した。

公式通販で429円+送料で買える商品がアマゾンにて2280円(送料無料)で出品されているとして、ツイッター等で警鐘を鳴らしている。テレビにも出演しピンク色の髪で許さないと訴えていたが、生姜と同じ色ではないかとネットで話題になっている所である。過去にはパッケージを模倣されたので独自のキャラクターを付ける等の再発防止策を発表しているが、今回も自分でアマゾンに店舗を出す事で転売厨を追い出す事に成功したようである。殆どの会社は転売されても黙認か「ご注意ください」程度しか言わないので今まで日本で転売が黙認されてきた背景があったが、今回の社長のように絶対に許さないと明確な意思表示をする事で日本から転売厨が消える事を期待したいものである。