警察「偽札確認」は全て詐欺 自宅訪問し警察騙り現金詐取される事件多発

詐欺師が警察を騙り「偽札を確認する」等と自宅に訪問して現金を盗む詐欺事件が増えてきている。

確かに偽札は警察の管轄であり警察自身もそのような事をやっているので全て詐欺と言い切れないのだろうが、日本の極めて高い偽造防止技術及び極めてゼロに近い偽札の流通率から見ても当方では全て詐欺と言い切って問題無いと考える。偽札は本人または店が怪しいと思って通報して警察が現場に駆けつけて原本を回収し問題無ければ返却というオペレーションになっており、何ら通報や連絡をしていないのに警察が一方的に駆け付けて「偽札を確認する」と言ってくる事はまず無いだろう。もし自宅に駆けつけるケースがあるとするならば犯人の逮捕時ぐらいである。「偽札を確認する」という訪問があった場合には絶対に現金または封筒は見せず、紙の警察手帳の提示(スマホ不可)を要求し、それに応じない場合には110番または#9110等に電話するようにしてもらいたい。