愛知高級寿司屋「寿司御殿」訪問記 鮮度最上級で記憶焼き付く巨大ネタに驚愕

愛知の高級寿司屋と言われている「寿司御殿」に行ってみました。巷に良くある100円寿司とは異なり、徹底的に品質にこだわっているのでお値段もそれなりにするのは覚悟を。例えば一貫300円は当たり前で一番高いと700円のネタもあるので、普通にパクパク食べていると一人5000円とか行ってしまいます。そして注文はタッチパネルではなくアナログ方式で、店員に口頭で申しつける形です。

こちらは260円の「あじねぎ生姜」です。他社に比べてもネタが巨大で新鮮さを感じます。実際に食べてみても素材本来の味を素早く調理している印象で良い意味で虜になりますね。格安寿司のようにクオリティや味の低さは一切感じません。口頭での注文の他、回っている寿司を取る事も可能です。

レギュラーメニューかどうかは分かりませんが5連寿司のような物もあったので頼んでみました。エビがかなり巨大ですね。右写真は衝撃750円の大トロです。口の中に入れるとすぐに溶けるぐらいの柔らかさが特徴で最上かつ格別の美味しさではありますが良い意味で750円も一瞬にして溶けてしまいます。

ちょっとランクを落として550円の中トロを頼んでみました。こちらもプリプリでかなり輝いていますが、よっぽどのプロでなければ中トロでも十分だと思います。そして右写真は「とろける三貫」600円です。600円で3つ付いてくるのでコスパはいい方だと思います。他社とは違って一つ一つのネタが新鮮で巨大なので他県民からすればまさに驚愕と言っても過言ではないでしょう。値が張るのは覚悟という方が多いと思いますが、初心者の人は120円~300円のネタから挑戦するのもいいかもしれません。興味のある人はぜひ行ってみて下さい。