「新500円玉使えません」自動精算機普及も改修コスト増で広がらない予感

新500円玉をあちこちで見かけるようになったが、それと同じぐらい「新500円玉使えません」の表示を多く見かけるようになった。麻生前財務大臣がドヤ顔で披露していたが、蓋を開けてみると全然広がっていないというのが本音だろう。
厄介なのは見た目のみならず重量が0.1g重くなった事により自動精算機等のプログラム改修が必要になった事だ。装置によっては交換が必要なケースも多く、そこまでするぐらいであれば非対応の掲示で乗りきるという判断をする店舗が多いのも合理的であると言えるだろう。
自動精算機では弾かれるので、人の手でやっているレジに新500円を押しつけられるケースが非常に多い。といって客に返しても客も使える店が少なくて嫌がるのでまたその店に突っ返されるという無限ループである。なんとも使えない令和最大のお荷物硬貨であるとしか言いようがない。今後出てくる新紙幣も同じような展開を迎えるのだろうか。政府も新500円及び新紙幣を広めたいのであれば自動精算機等の改修等に補助金を出す等して、機械の改修を進めていく必要があると言えるだろう。