JR西の赤字区間公表で国交相ブチギレ「適当ではない」それなら国有化?

JR西が路線の継続が困難だとして赤字路線を公表したが、それに対して国交相が「輸送密度で一律の取扱いは適当ではない」等と噛みついた。この国交大臣は名前に鉄と付いているから選ばれたのではないかと個人的に思っているが、国交省の仕事は鉄道だけではないはずである。東もバス転換したりしているのに東には噛みつかず西に噛みつくのは極めて謎である。利用客目線で見れば毎日使っているのに勝手に線引きされても困るという部分もあるかもしれないが、会社側からすればどこかで線引きしなければ赤字が雪だるま式に積もり続けるだけなのである。
国や行政はどんなに赤字でも事業を継続する。例えば警察も数千円の反則金を取り返すために数万円の交通費を掛けて県外の人の所まで出向いたりするが、民間だと絶対にあり得ないだろう。JRも民営化した訳であり、民営化したのであれば個別の路線で赤字か黒字かをシビアに見るのは当然であり、トータルで黒字だから良いでしょうという考えにはならないのである。JR東海は新幹線で得た莫大な利益をリニアや在来線に投入できたり、あるいは東も山手線や京浜東北線等と言ったドル箱路線で東北の路線を支えていたりするが、西にはドル箱路線が存在しない。東はJRメインで私鉄はそれを補完する役割(京急みたいな変わり者な会社は別として)であるが、西は私鉄がメインでJRがそれを補完する役割で東と西ではJRの扱いが真逆でありそれも今回の判断に影響しているだろう。現に大阪駅は私鉄が存在感を発揮しておりJRの影は薄い。
JRが運営できないとした路線は廃線・あるいはバスに転換したりしているが、どうしても鉄路を維持すべき区間があるのであれば、その赤字路線は国有化して国が直接運営すればいいのである。国が難しければ沿線自治体にやらせてもいいだろう。それならば乗客が1人しかいないような赤字路線でも赤字か黒字かを気にしなくていいのだから堂々と運営できるはずである。民営化でサービスレベルは向上したが、赤字路線をバッサリ切り捨てるという大きなデメリットが浮き彫りになった。国交省もJRにケチを付ける余裕があるならば自分で運営すれば良い訳で、そこを棚に上げてJRにケチを付けるのは順序が間違っていると言えるだろう。