ダイワロイネットホテル名古屋納屋橋宿泊記 エアウィーヴ採用でコスパ良く便利

ダイワロイネットホテル名古屋納屋橋に泊まってみました。ご存知の通り名古屋駅周辺は東京並みのバブルに沸いており、ホテルは1泊1万超えとか駐車場も高騰していますが、名古屋駅から一駅離れると事情がかなり変わります。このホテルは名古屋から1駅離れた伏見駅が最寄りですが、その分一泊6千円程度と一般的なビジネスホテルの相場で利用でき、駐車場も一泊1500円で使えます。駐車場は正面側と裏側があり、正面側はよく満車になりますが裏側も同じ値段で使う事ができます。中にカフェ等も入っています。

こちらは標準的なツインルームですね。白と水色を基調としたデザインは好みが分かれそうですが、かなり綺麗です。テレビも大型で、無料のミネラルウォーターも付いています。ライバル社のロゴが映り込んでいますが、業界では良くある話ですね。伏見もかなり都会なのでコンビニ等は多数あり飲食に困る事はまずないでしょう。

トイレ・風呂は最近流行の家庭の使い勝手に近い別室方式になっています。ここは2018年新築のようですが、昔に建てられたホテルでは感染症対策もあってか水回りを改装する所が多いですね。

風呂内部はこんな感じで最新の設備となっています。公式ではあまり宣伝されていませんが、屋上に浴場があるのでそちらを使う人が多いのでしょう。エアコンは独立空調で好みに応じて温度・冷房・暖房等の切り替えができます。

ベッドにはこのクラスのホテルにしては極めて珍しくエアウィーヴを採用しているので抜群の寝心地ですね。少し固めの物を使っていますが低反発なので沈み込む感じです。空気清浄機も設置されています。名古屋らしく単に寝泊まりする場所だけではなく浴場を付けたりカフェを付けたりと付加価値やサービスに重きを置いている印象を感じました。興味のある人はぜひ利用してみてください。