愛知県の中央分離帯には全部左斜め下矢印設置 事故が多いから?

愛知県の中央分離帯は、全国でも極めて珍しい「あるもの」が設置されている。それは指定方向外進行禁止標識(左斜め下矢印)である。愛知県の人は気付いていないかもしれないが、他県から見れば異様な光景に映る。他県にもあるにはあるがここまで大量設置はされていない。事故数が全国ワースト1位だの2位だのと言われていたゆえんもあるのかもしれない。

デザインかアイコンのように見えるが、法的な効力は発生しており逆走した場合は道交法違反になる。この標識があろうがなかろうが言うまでも無い部分であるが、あえて明示しているという感じなのだろう。逆走するような人は居ないと思うが、中央分離帯がこの場所である事が分かり易くなるというメリットはあるのかもしれない。しかし県内のほぼ全ての分離帯にこれが設置されていてウザイと思うのも本音である。車を持つ人が多ければ事故率が多いのもそれは当然であろう。トヨタもあって日本で一番車社会であると言っても過言ではない愛知県ならではの事情があるのかもしれない。