大型犬「確保」脱走騒動も千葉県警指示に”お座り”でネット民称賛

千葉県内の動物病院から大型犬が脱走したというニュースがあったが、次の日の午前中には「確保」された。マスコミももっと暴れまわったり過去の馬のように高速道路に乗ったりするのではないかと大規模な体制を組んで報じていたが期待外れ、穏やかに終結したのであった。ネット上では「普段から躾がされていて素晴らしい」等と飼い主を称賛する意見が多かった。
大型犬はプロでも操るのが難しいと言われているが、まるで道交法違反の違反者を確保するかのように警察が囲むと穏やかに降伏した。映像を見たが、「違反ですよ~止まってください」「ワン」と言った感じだろうか。犬も相手が警察というのを分かっていたのかもしれない。
さすがの警察も人間相手の訓練はしているかもしれないが、犬相手の訓練はしていないだろう。とはいえ最近は危険動物等の脱走ネタはほとんど警察の案件になってしまっている。それでいいのかという議論はあるかもしれないが、事件事故は警察なのでそういう事になるのだろう。人に危害を加える恐れがある動物等が脱走した際には速やかに自治体または警察に連絡するようにしてもらいたい。