NHKに「テレビありません」と言ったら解約をお願いされた件

NHKは既存契約者に対してBSアンテナが付いている建物には衛星契約への切替を求めているようであるが、当方は地上波契約のみなので切替を求めて訪問員と思わしき人が自宅に訪問していた。トラブルが多いやり方は廃止して既存契約者に対しての契約切替を実施するスタイルに変えたようだ。前田会長の発言で自宅訪問が全く無くなると期待した人も多いはずであるが、訪問が完全に無くなる訳ではないようだ。
しかし、当方にはテレビはない。自宅にテレビは存在せず、スマホにもチューナーは存在せず、カーナビもワンセグすら見れないモデルであり受信料を支払う必要はないが、契約しておけば委託業者の訪問が無いという点とNHKプラスが見たいので今まで契約を温存させてきた次第である。こういう奇人変人はいないだろうが、どういう扱いになるのかふれあいセンターに聞いた所、即「それは解約になりますね」と断言された。「NHKプラスが見たいんですけど?」と言っても「ご視聴頂けません」と却下された。「ワンセグのカーナビ買ったらどうするんですか?」と聞いたら「その時になったらまた契約して下さい」と言われた。「テレビ無いので二度と来ないでください」と言ったら「記録しておきます」と言われた。
放送法には以下のように書かれている。
第六十四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
つまり逆に考えれば、協会の放送を受信する事のできる設備(テレビ)がない場合は協会との契約を速やかに解約しなければならないとも読む事ができる。なので違法状態にならないようにNHKは速やかに解約を求めてきたのだろう。そして衛星契約については衛星放送を見るかどうかは別として建物にアンテナが付いていれば衛星放送の契約が必要になるようだ。ただしテレビがなければどちらも契約する必要はない。NHKを巡る議論は色々されているが、判定基準は極簡単で現在テレビがあるなら契約、そうでなければ解約。BSアンテナがあるなら衛星契約。契約したくなければテレビを売り払ってドンキが提唱するようなチューナーのないテレビに乗り換えればいい訳で、本当にテレビが無いならばNHKにはっきりテレビが無いと申し出れば自宅訪問も止むので参考にしてもらいたい。