ファミマ、レジ袋値上げ 特大のみ5円でセブンと同様に変更

ファミマがレジ袋を値上げすると発表した。特大サイズのみが対象で、3円から5円に値上げされる。特大サイズの目安は2ℓペットボトルが4本ぐらい入るサイズの袋である。
この価格体系はセブンと同様であり、セブンに揃えた形だ。一方、一番大きい袋は仕入単価が3円程度であり、3円で売ると赤字になっていた。セブンはそれを考慮して予め5円にしたわけであるが、3円か5円かでオペレーションが面倒になるので赤字覚悟でも3円にしてきたという部分が大きいだろう。袋のサイズはこれまで通り店員が選択する為、5円の袋でなければ入らないと判断されれば「5円になりますがよろしいですか?」と聞くのが本来のマニュアルであるが、一々レジが忙しくてそのような余裕はないので一番大きい袋になると判断したタイミングで5円を請求されるだろう。もっと言えばコンビニ客は元々高いのを覚悟で来店しているので3円か5円かぐらいはあまり気にしない客が多く、2円多く取られたからと言ってクレームを入れるような客は皆無であろう。
コンビニ業界では月の電気代が5万円上昇する等店舗収益を圧迫しており、レジ袋を全部5円にする、あるいはチェーンオリジナル商品の値上げも含めて同じ売上でも店舗に利益が残る施策を打っていく事が今の時代は求められていると言えるだろう。