東電、でんき予報リニューアル CSV書式も変更になったので注意


東電が「でんき予報」をリニューアルした。東電にしてはやけに動きが早いが、前回の電力不足の時に見づらいとか分かりづらい等の意見が寄せられた事を受けて改善したのだろう。

広域ブロックと東京エリアに区分され、広域ブロックというのはよく分からないが東電管内を見たい時は東京エリアの部分を見るとよいだろう。グラフを無くした事により理屈上100%を超える表示も可能になった物と見られる。ユーザーが気にするのは細かい情報よりも使用率そのものであり、それを大きく表示するようにした事は素晴らしい。
また、東電のCSVを使ったサービス等を展開している人に向けての情報であるが、ファイル名が変更になり、さらに書式が東北電と同じ物に変更された。6行ぐらい行数が増えているので内部を修正しないと使用率を取得できない羽目に陥るので注意。
関西や西日本方面は東電ほどの電力不足にはなっていない状況のようであるが、西日本の電力会社のCSVは書式が滅茶苦茶でアルゴリズムを大幅に組み直さないと実装できないような状況なので、西日本の電力各社は東電と同じ書式でCSV配信してもらいたいものである。