お酒は20歳になってから!成年定義変更も免許品購入は今まで通りなので注意

改正民法の施行に伴い、成年の定義が4月1日から「18歳」に変更される。これによりローンの購入やクレジットカードの契約、携帯契約、不動産賃貸契約等を18歳になっていれば親の同意がなくても単独で結ぶ事ができるが、酒等の免許品購入や競輪競馬等は20歳のままなので注意が必要。海外に合わせたというのは建前で、少子化時代が到来するのは確実な中で会員数減少に悩むカード業界、あるいはローン業界や不動産業界等が面倒だから何とかしてくれと要望を出していたのだろう。酒も酒で大学1年生の新歓で2年生までは飲めない、という問題があるので酒も18に引き下げるみたいな議論をしてもいいのかもしれないが、当分は20のままであろう。
いつもの切り取り報道等で「18=成人」と思い込んでいたら色々出来ないと弾かれるケースもあるかもしれないが、全てができるようになる訳ではなくあくまでも一部ができるようになるという認識を持っておくのが一番かもしれない。引き続き20歳の条件が付いている場所において「未成年」という表記は使用できなくなり「20歳」に表記を変更する必要があるので注意が必要だ。コンビニやスーパー等の小売業界や政府は更に発信を強化する必要があるだろう。