格安「エルピオでんき」4月末で供給停止、14万件に影響 政府支援皆無で窮地

格安電気事業者の「エルピオでんき」が4月末で供給を停止すると予告し、ネットで話題になっている。現在契約している人は4月末までに他の電気事業者に乗り換えない限り停電となる。

理由として燃料費高騰、国際情勢の変化、福島沖地震等を挙げている。格安事業者は東電から乗り換えると安い!等としてキャッシュバック等をウリにしているが、電気を自分で調達してくる必要がある為このような外的要因に弱いというデメリットがある。契約しても中身は東電等の電気なので停電もしませんよ!と言っているが、事業者自体が止まってしまったら停電になるという弱さが露呈した形である。もっともこれは政府、つまり岸田政権が原因であるとしか言いようがないだろう。岸田政権はガソリンに対しては必死に補助金を付けているが、電気やガスの高騰対策については何ら予算を付けておらず今後格安事業者がバンバン倒れていき全国各地で格安世帯の停電が起きて国民生活に多大な影響を及ぼすのは時間の問題としか言いようがない。格安が倒れた場合には自動的に送配電事業者の契約に切り替わるとか送配電事業者が助けてあげる等の支援策が重要であると言えるだろう。政府の迅速な問題把握と施策の速やかな立案及び実行にリソースを割いてもらいたいものである。