震度6強で常磐線運転見合わせも大きな混乱無し いわき駅の様子

震度6強の地震が観測された福島宮城では、高速や鉄道が通行止めや運転見合わせになるなどしている。実際にいわき駅に行ってみた。

鉄道がほぼ全て止まっている割には駅周辺の車の交通量は少なかった。国道6号や常磐道は普段より交通量が多いと感じた。仕事を休んだ人やバスやタクシー等で移動した人もいるのかもしれない。道路や信号等に大きな混乱はなかった。写真では信号が消えて写っているがシャッタースピードの問題で実際は動作している。

巨大な看板が設置され、運休のお知らせが出ていた。一部水戸方面の特急が動いているのみである。そもそもこのエリアは電車を使う人が少ないと言われればごもっともかもしれないが、早急な回復に期待したいものである。