ヤマト運輸、不正メールに注意呼び掛け 不在・再配達で個人情報入力は全て詐欺

ヤマト運輸が、フィッシングメールの注意を呼び掛けている。

今まではネット民のモラルが高かったので企業公式が呼び掛ける必要もなかったが、怪しいメールが届くとすぐに多くの人が公式に問い合わせる風潮になった事、スマホ普及で様々な人がネットを使用する現代になってきた事及びこれまで言われてきた対策が通用しない点でフィッシング側が巧妙になっている事も踏まえて様々な会社が呼びかけを強めている。当方ではかなり前からクロネコメンバーズに登録しているが、ヤマトが注意メールを送ってきたのはここ10年で初めてだろう。フィッシング側にとってもパソコン購入等、警戒心が緩みがちになる年度末や年度初めを狙っているのは言うまでもない。どちらにせよSMSで荷物受取は全て詐欺であり、配送会社が荷物の受取を催促するような内容や料金が発生するような内容を送ってくる事はない。そしてヤマト・佐川・郵便・西濃はどれもドメイン名の末尾が.jpとなっており、それ以外の大手配送会社を装うサイトで個人情報等の入力を求められた場合は全て詐欺なので怪しいメールは開かない等注意してもらいたいものである。