セブン「当店限定値引き30円引」シール貼付開始? 全国展開の可能性も

セブンのとある店舗において、消費期限の近いパン等に30円引シールが張られているのを発見した。今回は30円引であったが、もしかしたらいくつかのパターンが用意されているのかもしれない。

販売期限の5時間前ぐらいのパンに貼られており、それ以外のパンには貼られていなかった。そしてそのシールの下や裏にはバーコードは無いので、ストコンやレジで予め見切り商品を登録する形なのかもしれない。今までセブンは食品ロス対策については「エシカルやってますが何か?」みたいな感じでエシカル一点張りみたいな部分があったが、その場で現金値引きしているチェーンが逆にこの不景気時代に業績を伸ばしているという点をセブンも無視できなくなったのだろう。セブンでは鮮度管理という名称を使っているが、時間経過に伴い鮮度が落ちていくのであれば当然価格も下げるべきであり、同じグループのスーパーでやっている事がなぜコンビニで出来ないのかそれも謎としか言いようがない。10年前の本部であれば見切り販売はチェーンイメージを損ねるとか言って絶対に許可せず、やった店舗には契約解除もちらつかせ実際にそれで解除された店舗も山ほどあるようであるが、今は本部が弱体化しそのような事を言っている余裕は無くなった。政府が食品ロスやSDGsの旗振りをする中で、見切りしたチェーンの方が魅力が高まるというのは従来のコンビニ業界では考えられない展開であり、この施策を全国展開するのか、今後に期待したい。