寒冷地仕様の車って何が違うの?

最近はほとんどの車は寒冷地仕様標準装備となっており、関東にある車を北海道に持っていってもそのまま使うことができます。
例えばホンダでは「設定はございません」と表記されています。

しかし、トヨタ・日産・ダイハツ・三菱などの車は寒冷地仕様がオプションとなっており、追加料金を払って寒冷地仕様の車を入手することになります。むしろこの方が正しいやり方で、他社はコストカットなんじゃないかという話もありますが。

寒冷地仕様は標準車と比べて何が違うのか、まとめてみました。
・バッテリー容量アップ
低温の状態ではエンジン始動に負担がかかるため、無用なトラブルを防ぐために通常よりも大容量のバッテリーに変更します。

・ヒーテッドドアミラー
ドアミラー内部に熱線をつけることで、ドアミラーの雪を取れるようにした商品です。

・冷却水の濃度変更
濃度を上げることで、冷却水が凍結しないようにします。例えば30%から50%に濃くするといった感じです。

・リヤアンダーカバー
雪が車内部に侵入するのを防ぎます。

ただしここに列挙した内容全てではなく、車種によって異なります。
例えばRVRはこのような内容となっています。

見た目が大きく変わるようなものではありませんが、エンジンの始動や安定性に関わってきます。

寒冷地仕様の設定がない車では、代わりにディーラーオプションとしてこれらの装備が用意されている場合があります。
また、雪道でもより制動力を高めて安定的に走行するために4WDにするのもよいでしょう。
ユーザー独自でできる寒冷地仕様としては「スタッドレスタイヤ」「冬ワイパー装着」などがあります。

基本的に寒冷地仕様を選ぶ目安としては「冬は-10度を下回る」「エンジンの始動や走行性に不安がある」という要素で選ぶとよいでしょう。