高速で見かける「トラックの壁」レベル低い競り合いで一般車迷惑

高速で最近よく見かけるのが、トラックの壁である。

片側2車線の高速であれば、左と右車線両方をトラック(大型車)が占拠し、追い抜きたい一般車等が後ろで詰まってしまう事象である。これをされると、高速の車線が何車線あっても足りないハメになってしまう。トラックの言い分もあるようで「うちのリミッターはちょっと高めだから」とか「80km/hで時刻計算されているのでそれを下回ったら遅れる」とか色々言い分はあるのかもしれないが、リミッターの付いている大型車等は原則一番左車線で、追い抜く時は後ろに車がいないタイミングで追い抜いてもらいたいものである。また高速道路会社やトラック協会等もドライバーへのマナー向上等について呼び掛けてもらいたいものである。