新4号国道の制限速度は60km/h ”高速”異名も速度取締りに注意


新4号国道は信号やカーブも少ないので飛ばしてしまう人が多い道であるが、白バイや覆面の取締りスポットになっている。あまりにも線形が良すぎて国の財政が悪化すればETCゲートを設置して有料化するのではないかと思うぐらいである。個人的には制限80km/hにしてもらいたい所であるが、所々に信号があるので制限速度が上がる可能性は極めて低い。

速度標識の看板は設置されていないが、最高速度が60km/hの場所には速度標識を出す必要が無いので設置されていないだけであり、標識が無いから無制限という訳ではない。白バイは側道に隠れていてタイヤの走行音を聞いて超過と判断すればその車を追いかけるみたいな報道を聞いた事がある。ここまで見通しが良くカーブも少なく、信号も少ないとなるとうっかり飛ばしてしまう人の気持ちも分かるが、取締りされると30分程度足止めを食らい違反点数が付き反則金も徴収されて超過した速度以上に時間的損失と金銭的損失を被るので取締りされないように注意してもらいたい。