首都圏の松屋でiD・nanaco・クレジット払いに対応した券売機発見!

松屋の券売機では通常現金・交通系マネーとバーコード決済しか利用できないが、決済機を改造する事によりiD・nanaco・クイックペイ・Edy・クレジットに対応した券売機を神奈川県内で発見した。

クレジット決済を行うには暗証番号入力等に対応した専用の決済機が必要になるが、券売機そのものを作り替えるのは大変なので外付けで決済機を取り付けているあたりが面白い。いよいよクレジットで牛丼が食べられる時代になったという事なのだろうが、楽天ペイでクレジットを紐づければ同じ事なのでそう考えればあまり大差ないようにも思える。自分の好みの決済方式が利用できないと会計時にトラブルになる客もいる訳で、その点ではほぼ全ての決済方式に対応しているコンビニはチャンスロス(機会ロス)防止になっていると言えるだろう。今後も決済方式の拡充及び新決済機の全店展開を進めてもらいたい物である。