新型N-BOX 東京~静岡 500kmロングドライブ!普通車並みの高い静粛性に衝撃

新型N-BOX(2022年モデル)を購入し、東京~静岡までの往復500kmロングドライブを敢行しました。本体のレビューはこちらですが、この記事では走り心地等について述べています。

ETCを自宅に忘れたので通常の一般レーンとなりましたが、ある意味で通行した証明になるでしょう。自動車の本領が発揮されるのは高速走行ですが、高速走行においても高いレベルの安定性及び静粛性であり、普通車に負けないあるいは普通車以上であると感じました。静粛性は親子で会話を楽しむために必要ですし、ガタンガタンと衝撃が多いようでは後ろの席の子どものジュースがこぼれてしまいます。タイヤもかなり高級なタイヤを履いています。ホンダセンシングのLKASの車線制御も人間に近い制御になっていますし、全車速ACCのブレーキを踏むタイミングや止まり方も人間に近い挙動になりそして停止まで自動制御されるので疲労がかなり軽減されます。東名はいつも渋滞しているのでその点ではテスト走行にはうってつけの区間ですね。あっという間に静岡まで着き、今のご時世あまりウロウロも出来ないのでさわやかのハンバーグを食べてすぐに帰るという旅でしたが、街中走行よりは高速走行に重きを置いているようにも感じました。興味のある人はぜひ試乗してみて下さい。