宮城県のびっくりドンキー食事中に避難指示で神対応、ネット賞賛


宮城県のびっくりドンキーで食事をしていた人が、店から神対応をされたとして話題になっている。

「食事の代金は要らないので避難指示を優先して下さい」との事であり、これはマニュアルにはなかった対応のようであるが、本部も「ネットで話題になってるよ」等と店を褒めてくれているようである。確かに店からすれば1時間2時間分の売上が飛んだとしても微々たるものであり、それよりも人命を優先するのは当然の事であろう。会計待ちで並んでいたら、あるいはモタモタしていたら津波に飲まれたというような事は絶対に避けなければならない。もし万が一人命に関わるような事が起きたとして後からああだったこうだったと遺族から叩かれるのは店側なのである。特に宮城は10年前に震災があった訳であり、震災の時にどういう対応を取るべきかは店員や店舗運営者であれば自ずと頭に叩き込まれているはずである。本部は津波警報や避難指示が出た場合の食事中の客の対応についてマニュアルを定めるべきであろう。