ゆうちょ有料化で「小銭大歓迎」店舗増加?手数料回避する方法


ゆうちょが本日から、ATMにおける1枚以上の硬貨預入や引出を有料とする。窓口では50枚以上から有料となる。菅政権で銀行間の送金手数料値下げが行われ、また都市部でのATM利用が減っている為、自社の部分での値上げに踏み切ったのだろう。
一般の客にはあまり関係ないが、小売店や飲食店では死活問題になる。例えば消費の激しい100円と10円が無いとなると大変な訳で例えば1万円札から100円棒金2個に両替していたりするのだ。棒金とは50枚の束の事である。
もっとも小売店や飲食店は地方銀行と取引している為あまり影響はないかもしれないが、ゆうちょと取引している所は大打撃だろう。特定の硬貨が少なくなったら「50円玉不足の為なるべく50円で出してください」等とレジ前に掲示を張って客に協力を求めるか、一般の人で硬貨をたくさん欲しい・あるいは利用したい場合は現金も使えるセルフレジで何か商品を購入するのが良いかもしれない。