NFCタグでできること22個まとめ

NFCとは、簡単に言えばFelicaやICカードのような規格で、かざすだけで情報を読み書きする事ができます。
現在の所、Androidスマホは完全対応でiPhoneは限定対応となっています。
小売業が将来実現する自動レジには、このNFCタグが使われる予定です。

そんなNFCタグですが、Suica等と違うのは自分で情報を書き換えできる事です。皆さんのスマホもAndroidで原則おサイフケータイを搭載している機種であれば自由に情報を読み書きして遊ぶ事ができます。


例えば「○○を立ち上げる」「Bluetoothなどのオンオフ」が行えます。

具体的には・・・
・メールが不慣れなお年寄りに→メールの文面や宛先をあらかじめ書き込んでおく
・子どもやお年寄りに→電話番号をあらかじめ書き込んでおく
・車の中に→毎日行く家を登録しておきマップで立ち上げる
・家の中ではBluetoothオフ・Wi-Fiをオンに、車の中ではBluetoothオン・Wi-Fiオフになるように書き込む
・Amazonの特定のページが開くようにURLを書き込む(例えば洗濯機に貼り付けたら洗剤のページが開く)
・リモコンに貼り付けて電池が買えるようにする
・規格が複雑な電球に貼り付けて、電球を外さなくても購入ページに飛ぶように
・玄関に貼り付けてライトを光らせる
・本や教科書に貼り付けて、何ページまで勉強したか、何ページまで読んだか書き込む
・机に貼り付けて家族各自が伝言を読み書きする

ビジネス用途では・・・
・ポスターに貼り付けてページに飛ばす
・飲食店の机に貼り付けてクーポンを表示
・顧客へのDMに同封してオリジナルメッセージを表示
・大学の講義でこれを読み取って出てきたサイトを押すと出席となる
・名刺に貼り付けてより詳細な情報を登録できるように
・営業に回る顧客一覧の住所を入れておきかざすとマップが立ち上がる
・出勤証明として
・患者に貼り付けて氏名等を登録
・クリーニング衣類に貼り付けて客の情報を登録

1.商品を購入する

タグは各社から色々出ていますが、サンワサプライの上の製品をオススメします。144byteと888byteの製品があります。
当方では888byteのものを用意しましたが、一般用途であればまず144byteで事足りるでしょう。
144byteが500円玉程度、888byteは500円玉より少し大きい大きさです。
どちらも1,000円程度とそれほど高いものではありません。

2.アプリを入れる
タグの書き換えには、アプリが必要です。
読み取りにはアプリは必要ありませんが、「メールを送信」や「電話を発信」まで自動でさせたい場合には、アプリを入れる必要があります。
サンワサプライが提供するアプリには以下のような物がありますが、書き込むのはいいですが、読み取り時の使い勝手が悪い(自動実行されない)ため、他のアプリをお勧めします。
・NFCかんたん設定アプリ
・タグマティック ・・・かんたん設定アプリの上位版、無料

海外製のアプリ(英語だが難しい単語はない)
・NFC Tools ・・・テキスト等の簡単な動作を書き込む
・NFC Tasks ・・・アプリのインストールやアンインストールまで実行可能

3.何ができるの?
以下のような事が可能です。
・テキストを表示
・URLを開く
yahooやgoogleの検索のみならず、youtubeを指定すればyoutubeが開く。amazonを開かせる事も可能
・ファイルを開く
・アプリを開く
当たり前ですが相手にも同じアプリが入っている必要があります
・連絡先の追加
・電話をかける(発信ボタンを押す手前まで)
・SMSを送る(送信ボタンを押す手前まで)
・マップで特定の場所を開く
・Bluetoothに接続する
・Wi-Fiに接続する
※この程度であれば、読み取る側はアプリがなくても実行可能です。

NFC Tools無料版だと
・アラームや着信時の音量調整
・ディスプレイの明るさ調整
・ホーム画面に戻る
・アプリの設定画面を開く
・電話をかける、自動発信する
・SMS入力する、自動送信する
・メールやツイートする
IMEI、Device name、Androidバージョン、携帯番号、クリップボードの中身、年月日、時間、SSID、バッテリーの温度、スクリーンのピクセル数や電波強度などの特殊変数を含める事も可能

NFC Tools有料版だと
・HTTP GET/POST
・ファイルのダウンロード
・メディアの再生
・壁紙の設定
・印刷
という具合に有料だと、さらに応用的な事項を実行する事ができます。

このリモコンの電池、単3だっけ、4だっけ・・・という場合でも購入時に一度覚えさせておけば、購入画面にすぐ飛びます。
別途アプリを入れておけば自動発信も可能なので子どもが親に電話する場合でも便利です。

4.書き込むアプリの使い方
・NFCかんたん設定アプリ
このアプリ用タグ」と「オープンタグ」の2構成となっています。
アプリ用タグの場合は相手もこのアプリを入れている必要がありますが、その代わりに音(マナーモードにする、しない)やアラーム、タイマー、bluetoothなどを設定する事ができます。
オープンタグはアプリを入れる必要はありませんが、その代わりにできる範囲が狭まります。電話、電話帳登録、メール作成、電話、ブラウザ、マップ表示程度です。
複数同時に書き込む事ができない項目があるので注意して下さい。

・NFC Tools/Tasks
基本的な使い方は同じで、「Add a record」で追加します。
その後テキストやURLなど好きな項目を選び、設定します。
More Optionsは特に設定せず、Writeの項目を選べば書き込みされます。書き込みが完了したら「Complete」と表示されます。
こちらはいくらでも組み合わせできますが、場合によっては一番上の物しか実行されない場合もあります。
NFC Tasksをインストールしても、Toolsのアドオン扱いなのでToolsから実行する必要があります。原則としてNFC Tasksの内容を実行するためには、相手もNFC Tasksをインストールしている必要があります。

他にもアプリは沢山ありますので、お好みで探してみて下さい。

5.防水なの?お湯は?

防水とは書かれていませんが、サンワサプライのタグを使って蛇口のシャワーを10秒ほど当てて、その後拭き取りましたが、見事読み取りました。一般的な雨程度であれば問題なく使えると思います。
熱湯についても、給湯器で43度に設定し、43度のお湯が出ている状態で同じように蛇口のシャワーで10秒ほど当てて、その後拭き取りましたが、見事読み取りました。書き換えもできました。
本体にバッテリーや電気機構を搭載せず端末が電気を供給して書き換えるためこのような芸当が可能であると言えます。
ただしトンカチで叩いたり強い力を与えると壊れますので注意を。

Q&A
1.QRコードと何が違うの?

QRコード NFC
カメラ 必要 不要
暗所での読取 不可
枠/ピント合わせ 必要 不要
大きさ 変わる 変わらない
読取にアプリ必要か 必要 不要*1
パスワードロック 不可
情報の書換 不可
リモコン忍び込み 不可

*1 簡易的な動作に限ります(ブラウザを開く、メールを送る、アプリを立ち上げる、など)

同じ情報量であれば、QRコードの4分の1ほどの面積で書き込む事ができます。
今後NFCタグが進化してよりサイズが小さくなったり、今のサイズで数KBや数MB記憶できるようになればネット接続なしで画像や音声が再生され、QRコードを圧倒する事になります。
工場等でカメラ付携帯が禁止されている場合でも日々の通勤を快適にできます。

2.反応速度は?距離は?
反応速度は、端末のNFCタグの部分に当てれば1秒以内で読み書き完了します。
ただ端末によってNFC読み取り装置がどこにあるか分からず、手間取る場合も多いです。
距離は3cm程度までならば読み取ります。ただし「おサイフケータイ(いわゆるFelica)」より出力や信頼性は弱い感じですので注意して下さい。

3.書き込むためには特別な機械が必要ですか?
書き換えも、アプリを入れれば皆さんのスマホで自由にできます。特別な機械は必要ありません。
NFCタグメーカーがアプリを公開していますが、無理にそのメーカーのアプリを使う必要はありません。

4.NFCに対応していればどのスマホでも対応しますか?
NFC規格は統一ですので、対応していれば対応します。タグのメーカーも日本メーカーでなく海外メーカーでも動きます。
ただし一部端末で相性や不具合が起きる可能性はあります。

5.メッセージやURLに日本語が含んでいても対応しますか?
対応します。
顔文字や絵文字も対応します。

6.ガラケーでも対応しますか?
家電量販店のモックで実験しましたが、ガラケー(NFC搭載モデルに限る)でもメッセージの表示や発信程度であれば対応します。
またおサイフケータイに対応していないSIMフリーの端末でも、NFCに対応している例がありました。

7.障害物があっても読み取る?
タグの通信を妨害する素材がなければ、物体が間にあっても読み取ります。リモコンの電池入れに忍ばせておき、かざすと電池の購入ページが開くのが家庭でも一番メリットを実感する使い方だと思います。

8.タグがまだ準備できていないが書き換えアプリを入れる事は可能か?
タグがない段階でも、書き換えアプリを入れる事は可能です。
書き換え時のみタグが必要です。

9.動かしながらは可能?
少なくとも1秒程度、静止している事が望ましいでしょう。

10.読み取り、書き換え回数に制限は?
ほぼありません。タグが壊れるまで使用可能です。
サンワサプライは「永遠には動作しない」と説明しています。
サンワサプライの製品にはMIFARE Ultralight NTAG216が搭載されており、書き換え限度は1万回のようです。

11.144byteの製品を買えば半角144文字、全角77文字が書き込めるという解釈でよいか?
管理用文字列がありますので、これよりは少なくなります。
各アプリで必要なbyte数が表示されるのでこれの範囲内で使えます。
例えばあるアプリで10byteの文字を書き込む場合、管理用文字列込みで合計22byte消費します。

12.動作しない。
NFCタグではなく「NFCタグのシール」「ステッカー」「ラベル」を間違って購入していないか確認して下さい。
NFC搭載機種かどうかをお確かめ下さい。
端末のNFCがオフになっていると動作しません。オンにして下さい。
また、端末のロックがかかっている状態では動作しません。ロックを解除して画面が光っている状態にして下さい。
どこでも反応するわけではありません。端末のNFCマークの部分に近づけて下さい。
iPhone、iPadでは現在の所動作しません。(厳密にはAndroidのように待ち受け状態からの動作は不可。iOS11以降が必要。読み取りアプリを立ち上げる必要があります)

13.他にできる事は?
こんな事もできます。
・1対1対応でタグの中身をコピーする
・1つ読み取ってコピーし続ける
・タグの中身を消す
・タグをロックする
※この動作は元に戻す事はできませんという警告が出ます
・書き換え防止のためのパスワードを設定する
・書き換え防止のためのパスワードを削除する(今のパスが必要)

・条件分岐(NFC Tasksのみ)
Conditional Blocksの中にあります。
例えばScheduleを選ぶと特定の範囲の時刻のみ特定の動作を指定できます。
Monthを選ぶと特定の月のみ特定の動作を指定できます。
Scan counterを選ぶと回数によって特定の動作を指定できます。
Else statementsを選ぶと「そうでないとき」の動作を指定できます。
有料版だと分岐の内容が更に増えます。分岐文を先に配置し、以下のように使います。
例1
Condition:Schedule 7時から10時
クックパッドで「朝ご飯」と検索
Condition:Schedule 10時から13時
クックパッドで「昼ご飯」と検索
Condition:Schedule 17時から20時
クックパッドで「夕ご飯」と検索
例2
Condition:Schedule 7時から10時
「いってらっしゃいませ」という声優のmp3を開く
Condition:Schedule 17時から20時
「おかえりなさいませ」という声優のmp3を開く
例3
Condition:Day of month 29日
「肉の日 クーポンwebサイト」を表示
Else statements
自社webサイトを表示

一方、NFCタグが普及すると危ない目に合う可能性もあります。
・電車に乗っていたら隣の人のNFCを読まされ突然ブラクラサイトが立ち上がる
・映画館でマナーモードを解除され音楽アプリを再生させて妨害する
※アプリが入っていない場合はマナーモード解除は行われません
なるべく人と密集しないように気をつけましょう。

未来を変える、生活を便利にする、生活を豊かにするNFCタグ。
QRコードと違いかざすだけの簡単操作
文字を打たなくても買い物ができる
文字を打たなくてもサイト検索ができる
宛先を打たなくてもメールができる、誰に電話するか選ばなくても電話ができる
そういう時代がもう、すぐそこまで来ています。ぜひ使い方をマスターして、NFCのある生活を始めましょう。

コメントする(承認制)