スタバ店員の過剰すぎる接客や日常会話を回避する3つの方法


スタバでドリンク等を頼む時、あるいは受け取る時等に「今日は寒いですね」「天気が良くてお出かけ日和ですね」「よく飲まれるんですか?」「今日はどちらへ行かれるんですか?」等の過剰すぎる接客やプライベートまで踏み込むような接客をされる事がたまにある。百貨店ならむしろしてもらって当然と思う所であるが、たかが数百円のドリンク程度で仰々しい接客をされるのも困った物である。マニュアルは無いようで本人は良かれと思ってやっており会話のきっかけになるという部分で歓迎している客もいる一方、声を掛けないで欲しいと思う客がいるのもまた事実であり、無理に客の良い所を見つけて褒めようとするのも客にバレているのである。さて、声を掛けられないようにするにはどうすれば良いのかまとめてみた。
1.モバイル受け取りを活用する
スタバ会員に登録すると、スマホ等から注文して無言で受け取れるサービス「Mobile Order&Pay」が展開されている。クレジットカードまたはスターバックスカード残高支払のみとなり現金支払いは出来ないが、これを使って受け取れば商品の確認のみで無駄な会話をさせられる事はまずない。
2.ドライブスルーを利用する
ドライブスルーを利用すると、無駄な会話をさせられる事はまずない。なぜならレーンが1つしかなく後ろにも車が詰まっている事が多いからだ。
3.「そうですね」で返す
話がしたいシニア層や女性は結構話し込んでいる場合も多いが、話すのが苦手な場合はとりあえず「そうですね」と返しておけば良い。相手を不快にさせずなおかつ会話を終了させる魔法の言葉なのである。
スタバがマニュアルを作っていない以上これについてもマニュアルは無いのだろうが、それであれば客の方からマニュアルを作っていくしかないだろう。話しかけられるのが苦手、過剰な接客が嫌だから最近スタバに行っていないという人は是非試してみてもらいたい。