スマホのROMは厳密にはROMではない

ROMとは本来Read Only Memoryの略で、CD-ROMやDVD-ROMなどのように、読み取りしかできないメモリの事を指します。

しかし、スマホのカタログなどに載っている「ROM」は、いわゆる内部ストレージの事を指しますが、
これは、読み取りも書き込みもできます。
システム屋の人間から言わせれば、厳密にはROMではないのです。

RAMに関してはパソコン業界と同じ定義で物理メモリの容量を表しているので問題ありません。

スマホが流行りだした頃に誰かが「ROM」と言ったのをそのまま採用している印象がぬぐえません。
日本の通信会社は端末を売る営業に長けている人は多くても、システムには無知な人が多いので、多数決の論理でこのままにしているのでしょう。
もっとも、ROM/RAMのように揃えて表記したいという通信会社の策略もあるのかもしれませんが、「ストレージ」という表記に改めてもよいのではないかと思います。