フジパンと敷島製パンも値上げ 山パンに続き大手三社出揃う


山パンの値上げに続き、フジパンと敷島製パン(パスコ)も1月1日納品分から値上げを発表した。

値上げ幅はフジパンが平均6.8%、敷島製パンが4~14%等としている。日本の菓子パン総菜パンの小売価格はかなり安く、その殆どが100円程度であり、100円程度で200円近いボリューミーな食材が多く入っているわけだから元々利益率がかなり低い商品である事は間違いないだろう。包材や工場の電気代、ドライバーの人件費や燃料費等を鑑みれば値上げはやむなしという所であり、ほとんどの人はすんなりと受け入れてくれるはずである。湖池屋も値上げを発表していたが、小売の店頭に並ぶほぼ全ての会社が続々と値上げを発表していく事は間違いないだろう。