Windows 11で必須になったTPM2.0を有効にする方法


Windows 11ではTPM2.0が必須となりましたが、殆どのマシンでは無効の状態で出荷されています。特に自作系のマザーボードは速度が落ちたり電力消費が増える等の理由で殆ど無効となっています。有効にするための方法を解説します。
1.有効か無効かの確認
スタートメニューのファイル名を指定して実行から「tpm.msc」を起動させます。
2.BIOS等で設定を変更
多くの自作マシンの場合、BIOSでの設定変更が必要となります。セキュリティタブを見てみて下さい。

メーカーによって若干表記は異なりますが、AsRockの場合はこのIntel Platform Trust TechnologyがTPMにあたります。有効にしておきましょう。
3.tpm.mscで再度確認

TPM管理画面の「TPM製造元情報」で仕様バージョン2.0と出ていればTPMの問題は解決です。これで再度正常性チェックアプリを起動して確認してみてください。尚、CPU型番が非対応で拒否される場合は解決方法はありませんのでご注意ください。