一番クジで上位を狙えるかもしれない方法5つ

コンビニやゲームセンター、文具店、アニメ店等にあって値段が500~700円の「必ず当たるクジ」ですが、残念ながら必勝法や必ず特定の賞を当てるようなやり方は存在しません。特定の券だけはこういう印字がされているとかもなく、券をじろじろ見ても何等かは薄い文字で書かれており、開けるまでは中に何が書いてあるかは分からない仕様になっています。
しかし以下の方法を頭に入れておけば上位を狙えるかもしれないので参考にして下さい。

1.当たり状況を確認
店のどこかに既に終わった店控えを貼り付ける場所があると思うので、確認してみて下さい。
これを事前に確認しておくことで、残り何枚か、自分の狙う賞はまだあるのか、一番下の賞はどれだけ捌いたのかが確認できます。
これはトラブル防止のために設けられている物で、買った後に「自分の賞がないじゃないか返品しろ!」と言われても開封済みのくじ券は売り物にならないためこれを自分であらかじめ確認してからクジをやるようにと作られたのです。
一番下の賞が半分程度さばけていれば、クジ開始直後よりは上位が当たる確率は高まります。

2.一番乗りでやる
クジの当たり券はシートで納品され、店員が一枚ずつ切り離す方式です。

A賞 B賞 C賞 C賞 C賞
D賞 D賞 D賞 D賞 D賞
D賞 D賞 D賞 D賞 D賞
D賞 D賞 D賞 D賞 D賞
D賞 D賞 D賞 D賞 D賞

例えばこんな感じで納品されます。
店員からクジを始める日時を聞き出し、一番乗りでクジをやれば、ある程度上位の賞はどこかに固まっていることが想定されます。
店員はおそらく一番左上から箱に投入するのが一般的でしょうから、そう考えると上位の賞は一番下に潜んでいるケースが多いです。
一応説明書きには「十分にかき混ぜて下さい」とありますが、セッティングはかなり疲れるのでかき混ぜる店は少ないでしょう。

3.残り10枚以下なら一括買い上げ
ラストワン賞を設けるクジが増えてきていますが、これを考えると、ラストワン賞にはかなりの価値があると考えられるため
残り10枚以下なら一括買い上げした方がメリットがあると考えます。
一回700円のクジなら7,000円ですが、この7,000円で上位賞どこかとラストワンがもらえるなら安いものです。
支払いも現金ではなくクレジットであれば、その場で現金を持っていなくてもいいので楽です。

4.クジ自体を予約
クジの趣旨から反するのでほとんどの店舗では断られるかもしれませんが、店長とコネがあったりするとやってくれる場合も。
一枚700円で全てのクジが60枚程度とすると、42,000円で全ての当たりを手に入れることができます。
転売するかしないかはあなた次第ですが、販促物ももれなく手に入れることができます。

5.慎重に選ぶ
これはもはや神頼みというか運の領域ですが、適当に選ぶと下位賞が出やすいです。
またヤケクソやこの野郎みたいに思っていると下位賞が出やすいです。
当ててやる!やどうせ当たらないわというよりも「当たるか当たらないか分からない」ぐらいのほうが当たりやすいです。
日々の行いが悪いと下位賞が出やすいです。性格の良い、穏やかで穏便な人に引かせるのもいいかもしれません。
神様はきちんと見ています。
保証はできませんが、占いサイトや朝の報道番組の占いで上位の日に引くなど、各自で工夫を。
なるべく精神を落ち着かせて慎重に選ぶことをお勧めします。

これらの仕組みを知っておけば、単なるクジも少しは楽しくなるかもしれませんね。