報道でよく見る「ウインドウズ」表記に感じる違和感

テレビや新聞等の報道ではアルファベットの製品名はカタカナで表記される事が多くあるが、「ウインドウズ」と「アイフォーン」等、IT系の製品名を無闇にカタカナにするのはいかがなものかと思う所である。(数字が全角表記されるのも違和感があるが、今回はそこは省略)
Windowsと表記するとかっこよく見えるのに、ウインドウズと表記されると一気にダサく、格好悪く見える。勿論アルファベットが読めない人もいるのでカタカナで表記する事は大事かもしれないが、一番大きな見出しで「ウインドウズ」と書かれるとIT専門家やパソコンオタクは裏で笑っているに違いない。やるとすればWindowsというメイン表記でカタカナでルビを振るのが正しいやり方だろう。
IT系の製品や商品名はアルファベットで表記する事が主流になっている物がたくさんある。報道する側もなぜそれがアルファベットで表記されているのか正しく理解し、勝手にカタカナにするようなマネは辞めて、事実を正しく報道する事が重要と言えるだろう。