JR中央線に「消毒駅」爆誕?! 病院多い御茶ノ水ならではの愛溢れる工夫

JR御茶ノ水駅の改札内に「消毒駅」が爆誕したという事で、実際に行ってみた。4月頃から出来たようでなかなか行けずじまいであったが、ようやく行く事ができた。御茶ノ水駅は100m圏内に病院関連施設が9箇所も密集しており、それも配慮したようである。

行き交う客が多くなかなか見つけづらいが、小さな机の上に「消毒駅」はあった。消毒する機械が置いてあり、消毒駅という掲示がされている。どこでもやってるでしょと思うかもしれないが、実はJR東日本管内始め鉄道事業者の多くでは消毒液は設置されておらず、この駅独自の取り組みと言えるだろう。ホームにも独自の案内表示を設置しており、かなり親切な駅と言えるだろう。客に対して体温測定やサーモグラフィも実施すればいくらか引っ掛かる人も出てくると思うが、それも実施していない。鉄道の感染対策は国交省もあまりうるさく言わないので野放しになっているのが現状であり、これを機に全国に消毒駅が設置される事を願ってやまない。