実はオービスではない?! 見た目酷似も実はNシステム 見分ける方法

オービスの小型化に伴い、Nシステムと形が似るようになってきたが、オービスとNシステムはその働きが大きく異なる。
オービス:法定速度を大幅に超過する車両を撮影
Nシステム:その道路を通過した車両ナンバーを記録
オービスは速度測定をするが、Nシステムは速度測定をしないという点で大きな違いがある。その証拠として、道路上に横線が引いてあればオービスであり、そうでなければNシステムというのが簡単な見分け方であろう。どちらも四角いカメラのような物がついていて素人目には判別が難しいだろう。Nシステムもオービスだと思って速度を落としてくれればある意味道路の安全が保たれる訳で、あえて詳しい見分け方を役所は公開していないのだろうが、横線があるかないかが一番のポイントと言えるだろう。またオービスは法律上、看板による事前予告をしなければならない。「速度取締実施中」のような予告看板が数枚あればその先はオービスであり、予告看板なしに急に出てきたらNシステムの可能性が高いだろう。あくまでも可能性でしかないので断言は出来ないが、参考にしてもらいたい。