JR西、画面に触れないタッチレス券売機 なぜか高松駅にも導入

JR西の画面に触れずに購入できる「タッチレス」券売機が新大阪駅に導入されたようであるが、なぜか高松駅にも設置されていたので使ってみた。

このように画面が黒い枠で囲われており、画面上に通常は存在しないマウスポインタが出ていた。指を直接タッチしなくても画面から5cm程度離し、その場所で指を動かすだけでマウスポインタが追従し、1秒ほど指をそこに留めておくと確定したと判断して次の画面に進む事ができる。かなり反応や感度もよい印象で、これなら1分1秒を争うビジネスマンでも使えると判断して投入したのだろう。もちろん通常のタッチも可能だ。お金やカードやきっぷのやりとりもあるので全ても含めた完全な非接触という訳ではないが、安心安全に購入する為の一つの方法と言えるだろう。興味のある人はぜひ使ってみてもらいたい。