スーパー駐車場内の一時停止や右左折禁止は道交法対象?守る義務ある?

スーパーやドラッグストアの駐車場敷地内に「一時停止」とか「止まれ」とか「右折禁止」「左折禁止」と書いてある事がありますが、これは道交法に基づく物なのでしょうか。答えは簡単で、道交法対象にはなりません。なぜなら、公道ではないからです。
道交法は公道のみを対象としており、スーパーやドラッグストアの駐車場等といった私有地には適用されません。ですので、止まれとか右左折禁止と書いてあってもそれはあくまでも事業者側のお願いベースによる物であって、法律に基づいた物ではないので違反しても切符を切られる事はありません。
ただし、例えば「この先一方通行の為右折禁止」と書いてあるのを無視して、公道の出た先が一方通行であった場合は、一方通行違反として切符を切られます。また片側1車線の道路で右折入場禁止と書いてあるのを無視して後続車等と事故を起こした場合は当然公道上の事となりますので、処分を受ける事となります。どういう理由で禁止になっているのか、どこまでがセーフでどこからがアウトなのか具体的なラインは住んでいる地元民ぐらいしか分からないものですが、守って損はない物ですので、できるだけ守るようにしましょう。