ファスト映画のみならずファスト漫画も違法?漫画業界悲鳴

ファスト映画について著作権法違反で逮捕者が出た事は新しいが、それならばファスト漫画なら問題ないのかというとそういう訳ではない。映画であれ、漫画であれ、テレビ番組であれ、その他の素材であれ、他人の作品を全部ではなく一部だけ利用する、切り抜き動画だとしても著作権法違反に当たる可能性が高い。彼らは「引用」と主張する事もあるが、引用にはきっちりとした定義が定められていてそれは主に文書や画像を想定しており、動画は想定されていない。よっていくら概要欄で説明しても無駄であり、著作権法に定める引用の範囲を超えているのは明らかだ。最近は過激なサムネイルの漫画動画も非常に増えているのが現状であり、彼らは多額の費用をクリエイターに支払う必要がある為このように過激なサムネイルで客を釣っているのが現状のようである。
グーグルや投稿者の自浄作用が機能すればいいが、残念ながら機能していないのが実態である。業界がYouTube等に対して削除依頼を出すのはもちろんであるが、悪質な場合にはそれより踏み込んだ措置も必要なのかもしれない。