原付・自転車・歩行者の高速誤進入続出はナビアプリの誤設定?必ず確認を

原付・自転車・歩行者の高速道路への誤進入が相次いでいる。原因として多いのが「ナビアプリがそう指示してきたから」というものであるが、いくらナビアプリが指示したとしても高速への進入は法律で禁止されており、事前に除外設定を行った上で走行すべきである。例えばグーグルマップであれば、以下の方法で設定できる。

例えば現在地と目的地を入力して交通手段が選べる状態になっている画面で、右上の「・・・」を押して「経路オプション」を開き、高速道路を使わない・有料道路を使わないにチェックを入れる事が重要だ。第一階層の画面では高速利用かどうかも分かりづらく開始ボタンだけが強調されており、開始を押すと間違いなく高速に誘導される。高速道路会社にカネを落とす為なのか知らないが、あえて高速を使わない設定は奧に隠されているのが現状だ。車を持っていない人で車のルートで自転車や原付を走らせる場合は、必ず高速を使わないにチェックを入れて利用してもらいたい。