会社や店舗の雰囲気を知るには電話対応の丁寧さで下見?

就職する時にブラックな会社ではないだろうか、バイトする時にブラックな店舗ではないだろうか、修理を出す時に怪しい店舗ではないだろうか、等という時に役立つのが、電話対応の丁寧さを測る方法である。
電話対応が丁寧であるという事は、その人に精神的あるいは金銭的な余裕があるという事であり、そういう所に多くの客が付くのもまた現実だろう。「あ、はい」とか殆ど無言とか反応がないとか上から目線や命令口調と言った相手もたまにいるわけで、そういう所とは取引しないという人も多いのではないだろうか。いくらマナー研修等で敬語を覚えたと言ってもただ読み上げているだけでは意味が無く、その声の調子やトーンで本当に気持ちがこもっているかはほとんどの人が察する事ができるはずである。たかが電話一本だがされど電話一本という事で、意外と電話対応も見られているというか、これからの店舗や会社の価値は電話対応の丁寧さという時代なのかもしれない。