既読目的でグッド顔文字送り上司激怒?LINE以外でもスタンプ送信主流に

「読みました」という既読目的で、グッドマークを上司に送ったら上司が激怒したとNHKが過去に報道していた。フェイスブックやマイクロソフトの担当者に聞いて「グッドはそういう目的に使われつつある」と言っていたが、一番大きいのはツイッターに機能が実装された事だろう。

ツイッターでは、1年ほど前からDM送信時に個別のやりとりについて、上の7パターンから反応を選べるようになった。さらに顔文字単体で送った場合にはその顔文字が大きく表示される改善もされている。反応を送った場合、反応が届きましたという旨の通知が相手に届く。文字として送るまでのない内容の場合、相手が反応だけを付けてスルーというのは良くある事だ。しかし30代以上の人からすれば「いやいや文字として返事すべきだ」と思うかもしれないが、効率性を重視する若者のジェネレーションギャップだから仕方ないのだろう。若者も明らかにそれが通じなさそうなシニア世代には送るべきではないし、かといって上司側もどこまで若者文化を理解できるか、お互いの尊重が必要と言えるだろう。