銀行での高額現金引出報道続出 高額引出時は証明書提示義務化すべき

銀行窓口において数百万円の引き出しを行員が阻止したという報道がされていた。「リフォーム費用と言えば良い」と犯人が指示していたようであるが、被害者は業者の電話番号等を言えなかったという。
現状、銀行窓口においてローン等を借りる際にはその目的等を示す書類が必須であるが、単純に自分の口座から数十万あるいは数百万等の高額なカネを引き出す際に証明書類は不要であり、その抜け穴を付いて詐取行為が蔓延しているのが現状だ。金融庁は全国の銀行等に対して、窓口において普段引き出さない顧客が高額な現金を下ろそうとした場合には、それを証明できる見積書や請求書等の書類を義務化すべきであり、場合によっては業者に電話して確認する、自宅に赴いて確認する等の対策が必要だろう。「俺の金だから関係無い」等と反発されようが、いくらクレームを受けようが、結果的に最後は警察が介入して態度を翻したというケースも多く報道されている。私も過去に比較的多額の現金を下ろそうとした時に目的を聞かれ「車の購入の為」と聞かれたが、それを証明する書類もきちんと持っていた。当然業者の住所や電話番号も載っており、電話して確認されても問題なければ堂々と出せるはずである。
今回報道のあったリフォーム云々も、行員が自宅に赴いて実際にリフォーム工事が行われていないのを確認し、ウソが見破れた。特に高齢者は判断能力が落ちている可能性が高く、他人のサポートは必須である。国が各銀行に通知を出し、警察通報等適切に対処できた案件はバンバン感謝状を出していく等、現場のモチベーションを高める取り組みが求められる。