代行収納は現金支払のみ!バーコード決済で払おうとする客急増で店員悲鳴

「代行収納を楽天ペイで払える」みたいなデマが出回っているのか、代行収納(公共料金)をバーコード決済で支払おうとする客が増えている。バーコード決済内のアプリで自分でやれば出来る機能はあるかもしれないが、例えばコンビニ店舗等においてレジで代行収納のバーコードを読み取り、バーコード決済を読み取ってそれで決済という事はできない。

なぜなのか。このような代行収納の払込票は、クレジットカードの支払になる場合もある。もしバーコード決済やクレジットで払える事になってしまうと、クレジットカードの支払いをクレジットで払えるとなり無限ループになる恐れがある。また、もう一つの理由が、これら他の決済を許可してしまうと後からオーソリがNGでやっぱり払えませんとなった時に取消処理ができないからだ。一度払ったと見せかけてやっぱり払っていませんでしたとなると客に対しての説明も難しく激怒する可能性があるので、そのように状態が変わる可能性がある決済方法は採用しないというのが代行収納であり、現金オンリーとする事で確実に素早く代金を徴収できるという意味合いもある。
nanacoはチャージした場合のみnanacoで決済を条件にクレジットチャージで利用可能、FamiPayはファミマクレジットカード紐付けを条件に一部に限って利用可能等、一部の事業者であれば対応している事もあるが、基本的に代行収納は現金支払のみと覚えておいた方が良いだろう。