大阪府警、電動キックボード取締強化 警視庁はスルー?

大阪府警が、電動キックボードへの取締りを強化していると報道があった。全国初の青切符交付という。都内の一部地域では小型特殊自動車に分類されている特区もあるが、それ以外の場所では原付として分類される。どちらにせよ免許が必要であり、飲酒運転禁止や携帯を手で保持して通話する行為等が禁止なのは言うまでもない。

自賠責への加入は勿論の事、原付を運転できる資格を持つ免許、ナンバープレート、サイドミラー、ウインカー、ブレーキ、尾灯、クラクション、正面ライトの装着が義務となり、装着されていない場合は違法となる。レンタルとして展開している事業者はこれらの装備を装着した上で客に貸し出しているので問題ないが、個人で通販等で購入したキックボードを公道で走らせる場合には自身でこれらの装備を装着し、法律厳守の上で走行させなければならない。
警視庁も電動キックボードに対して規制緩和ばかりするのではなく、特に個人がネット等で購入したキックボードについて、基本的な装備の違反に対してはきっちり違反を切っていく事が重要だろう。