覆面パトカー 赤色灯のみで捕まらなかった場合はセーフ?


一般道や高速道路等において、一般車のフリをしている覆面パトカーですが、管轄ナンバーかつ後ろがスモークで2名乗車でブラックのアンテナが斜めに立っていて原則トヨタ製セダンなのは言うまでもありませんが、赤色灯が一瞬光って引っ込んだ場合は何を意味しているのでしょうか。
これは「厳重注意」の意味となります。例えばスピード違反の場合には200m追尾(高速では300m追尾)しないといけない内規がありますが、その追尾中に対象車両が覆面に気づいて速度を大幅に落とした場合はその違反は成立しておらず測定不能になりますから、当然赤灯は下げます。ここぞと言う時にSTOPボタンを押してPRINTボタンで印字されますが、STOPボタンを押す前に対象車両が速度を下げた場合にはPRINTのしようがないのでセーフです。また赤色灯を上げて拡声器等で何らかの注意を行い、対象車両がその行為の継続を取りやめた場合にも当然違反は成立しませんから、当然赤灯を下げます。
覆面パトが赤灯を上げる場合には、原則現行犯での検挙となります。そのまま安全な場所等に誘導かつ停止を求め違反を告知される訳ですが、赤灯を上げて下げて何の誘導もされなかった場合には、セーフとなり後日通知等が行く事は普通の人であれば原則ないと思って問題ないでしょう。赤灯を上げられる何らかの心当たりがあった場合には、その行為を今後はしないように注意しましょう。