息子等を騙り電話で金銭を騙し取る振り込め詐欺を一発で撃退する方法

一昔前に流行ったオレオレ詐欺(振り込め詐欺)あるいは役所や銀行職員等を名乗って自宅訪問する詐欺が活発化していると聞きますが、撃退する方法をまとめました。警察やマスコミは殆ど報道していない内容となります。

やり方は簡単で、高齢者等に電話がかかってきたら高齢者側が逆に本人確認をするというものです。例えば親であれば息子の生年月日ぐらいは絶対に知っていますし、どこの小学校・中学校・高校を出たかも当然知っており、今どこに住んでいるかも知っているはずです。下の名前を聞くのも有効でしょう。これを聞いて電話相手が答えられない、あるいは分からないとか答えをはぐらかす場合は全て詐欺と言えるでしょう。声が似ていたとか言う理由で振り込んでしまう人も多いですが、必ず本人確認をするようにしましょう。また複数の連絡手段を持っている場合には「それが本当ならメールで連絡して」「LINEで連絡して」等、複数の連絡手段を持って本人確認をする方法も有効でしょう。さらにどうしても親と息子でお金のやりとりが必要な場合には振り込みカードを持たせておき、それ以外で振り込みの電話や今から家に行く等の電話がかかってきた場合はすぐに切って警察通報するように高齢者側に言っておくのもよいでしょう。振り込みカードはATMでも作れる他、銀行の窓口でも作成可能です。「合い言葉を決める」というのも一つの方法ですが面倒です。固定電話に録音機を付ける等の対策も有効ですが、行政等は高齢者に対してこのような逆質問で撃退する方法を呼びかけていく必要があるでしょう。