井の頭公園五輪ライブサイト、武蔵野市長「都知事に中止要請」実際の様子は

武蔵野市長が、代々木公園に続いて井の頭公園でも大規模なパブリックビューイング等が行われるとして、都知事に対して中止を要請したという報道があった。「西の方だから良いでしょ」と思っているのかもしれないが、井の頭公園に実際に行ってみた。

井の頭公園駅を下りると、そこには大自然が広がっていた。ここに都知事はビューイング会場を作ろうとしているのである。

数歩歩くと、あのオレンジの仕切りが見えてきた。代々木公園と同じものである。感染症の名目で立ち入り禁止になっているが、おそらく名目上であって、ここをビューイング会場として整備するから人は入るなという事なのだろう。

そして中心部に巨大なステージが見え、当然立ち入り禁止にされている。本当にビューイングをやるのであれば、ここに巨大ビジョン等を設置してビューイングをやる可能性が極めて高い。しかも手前の木は根こそぎ伐採されている。

あくまでもオレンジの仕切りは「感染症防止で当面の間利用を制限」という事になっているが、にわかに信じがたい。池の周辺は転落防止という事で百歩譲って理解できるものの、ステージ周辺が立入禁止はまさにビューイングをするためとしか言いようがないだろう。井の頭公園の掲示板には「大人数による飲食は控えて」等都民に対してのお願いが多数掲示されていた。都知事が都民に対して呼びかけるのであれば、同時に都知事も都民のお願いを聞く必要があるのは言うまでもないだろう。自然破壊につながるような行動はやめて、こちらもワクチン接種会場にしてもらいたいものである。