日本政府、台湾にAZ製ワクチン極秘輸送 安倍元総理仲介で水面下調整

日本政府が台湾に対してアストラゼネカ製のワクチン124万回分を6月4日に極秘輸送し、本日到着したと報道があった。

蔡英文総統もツイッターで感謝のコメントを発表しており、台湾の新聞も一面で報道、台湾のネット上でも日本感謝のコメント等が多く寄せられているようである。中国等の妨害が考えられる中、日米台で極秘に輸送計画を練っていたようだ。外交に強い安倍元総理が調整を図り、ワクチンは国家財産である事から麻生大臣や菅総理の許可を取って輸送したという。日本でも「政府もやれば出来る子」「6月4日に送るとは中国への皮肉」「安倍元総理の総理復帰を希望します」「もっと輸送してもよいのでは」等のコメントが多いようだ。日本では血栓ができる等としてアストラゼネカ製は契約・購入だけしているものの実際の接種には使われていなかった。それを送るのはどうなのかという意見もあるが、台湾人もそれは承知の上でリスクはかなり低いので問題ないとしているようだ。また台湾ではアストラゼネカ製しか承認されていないという情報もある。比較的押さえ込みに成功していた台湾であるが、5月中旬から急速に感染が拡大しており、今後の更なる支援が待たれるだろう。