ジュースの紙パックに「巨大バーコード」ネットで話題 実際に買ってみた

主に関東で展開するビッグ・エーの独自開発商品の紙パック飲料のバーコードが「素晴らしい」「デザイン最高」「革命的だ」と話題になっている。ビッグ・エーといえば格安スーパーを謳い、カートtoカートによる会計や電子マネーは一切非対応(ペイペイ・auペイのみ対応)となかなかクセのあるチェーンであるが、実際に行ってみた。

ビッグ・エーのチルド飲料売場にこの巨大バーコードの商品があった。アイスコーヒー2種類と美味しいコーヒー1種類が対象のようである。

4面のうち3面に巨大バーコードが印字されており、栄養表示の面に印字はないが、その下の部分に通常のJAN規格によるバーコードが印字してある。もちろんJANの規格は満たした上で、それ以外の部分はデザインとしているのだろう。巨大化されたバーコードもJANの規格を守ってきちんと余白を取っているあたりも素晴らしい。レジで読み取る時の読みやすさが格段に向上するに違いない。あくまでデザインであって中身の味が変わるわけではないので悪く思う人もいないだろう。他の紙パックメーカーも続々参入してもらいたいものだ。中身はと言うと、税込100円の商品とは思えないイオンに匹敵するぐらいの美味しさで衝撃を受けた。興味のある人はぜひ買ってみてもらいたい。