尾身会長「普通はない」発言、ワクチン軌道で政府に見捨てられた分科会の反撃

尾身会長の「五輪は普通はない」発言について波紋を呼んでいるが、昨日も「選手は制御できても、ウロウロする外部のマスコミや関係者まで制御するのは極めて難しい」「我々の考えをしかるべき場所に述べる」「政府に言ってもIOCに届かないと意味が無い」「都会から地方にウイルスが移る」「オリンピックのバブルの中だけを議論しても意味が無い」「国民の理解は得られるのか」等として、ロジカルに五輪中止を主張する路線に転換した。尾身会長が連日このような発言を繰り返すのには、おそらくワクチン事業が軌道に乗ってきており、分科会なんてもう不要、意見を聞く必要はない、と総理が見捨てた可能性が高いからだ。五輪に向けてワクチン接種を加速させ、新規陽性者を上手く操作して減らしていけば分科会に頼ることはない、補助輪は必要ない、という判断なのだろう。
それはそれでいいのかもしれないが、分科会側からすれば気に入らない訳で、連日このような発言を繰り返しているに違いない。与党のみならず野党もビックリの発言が続いているようであるが、まさに国民の本音を代弁している訳であり、正しく国会が機能している証であるとも言えるだろう。ネット上では「尾身会長が総理大臣になってほしい」という意見も出ており、一方の菅総理は「総理大臣になったつもりか」「分科会は開かせない」等とお怒りのようだという報道も出ていた。
西村大臣も「東京以外の場所でもパブリックビューイング等で見て酒が入れば感染が広がるリスクはある」等と認めつつあるが、この尾身会長のロジカルな主張に政府もタジタジで何一つ反論できていない。反論できないのであれば、事実上答えは一つなのかもしれない。