ファミペイ利用で75%オフ?! 手持ち金で無料クーポン買える「お試し」大盛況

ファミマのファミペイが、遂に禁断の施策を打ち出した。手持ちのポイントやFamiPay残高を使って、本部が売りたい商品をお得に買える新サービス「お試しクーポン」が6月1日から始まった。同様の施策はローソンが既に実行しており、最大75%オフになると謳っている。混乱を招かないよう上手く書かれているが、本来定価で200円とか300円する商品の無料引換クーポンを、本部が定めたポイントで購入するというサービスである。お金を出してタダ券を購入という言い方が法律上出来ないのか、お試しという言い方になっているのはローソンも同じだ。

やり方は簡単で、ファミペイのクーポン画面の一番上のバナーをタップし、買いたいクーポンを選択する。例えばZoneなら60円、タリーズラテなら50円、カルピスウォーターなら50円で買える事になる。50ポイント消費して50円引クーポンを得るという意味ではない。一度に購入できるのは各商品1個まで、同一商品のお試しは1日1個、一会計でセットできるお試しクーポンは3枚まで。予約は24時間有効で、使われなかったクーポンは自動で返金される。

商品を選ぶと、dポイント、楽天、Tポイント、FamiPayのどれで支払うかを選ぶ事ができる。例えば今回はFamiPayでお試しクーポンを購入する事としよう。ローソンと違うのは、ポイントカード未登録でもFamiPayを登録していれば誰でも買える点が大きな違い。

確認画面が表示され、予約するを押すと予約される。そして再度クーポン画面を開くと、このように無料券扱いとして実際に購入して試す事ができる。購入した無料クーポンの有効期限は24時間以内。残高は予約時に即時引き落としされるが、店舗に来店できないとか都合が悪いとか気に入らなければ「予約を取り消す」を押せば返金される。この施策はかなり人気であり、続々と受付終了になっていった。カルピスも普段コンビニで買えば150円だが、アプリ会員限定で50円で買えるのだから衝撃だろう。本部としては特定の商品を捌きたい、在庫処分したい場合に使える他、今まで無料クーポンは全額本部負担でクーポンを撒いていたが一部は客に払ってもらう事でクーポンの選択肢が増えて顧客利便性の向上、一番の目的は確実に来店してくれる事による個店日販の向上及びついで買い促進が言えるだろう。興味のある人はぜひ試してみてもらいたい。